キービジュアル

HOME  医療法人順天会  診療のご案内  健診ルーム  無痛MRI乳がん検査(2020年4月より開始)

文字のサイズを変更

  • 特大

健診ルーム

無痛MRI乳がん検査(2020年4月より開始)

乳がんは日本人女性のがんの罹患数の第1位で、11人に1人がかかるといわれ、他のがんとは異なり、30歳代から増加をはじめ、40歳代でピークを迎えます。

一方、先進国の中で日本の乳がん検査の受診率は最下位です。その原因は、乳房を見られる恥ずかしさや検査の痛みにあります。無痛MRI乳がん検査は、そんな思いから解放される新しい検査方法です。

検査の特徴

  • 検査着を着た状態で撮影ができます。
  • 乳房を圧迫しないので痛みはありません。
  • 造影剤は使用しません。
  • 女性技師が撮影します。

従来の検査との比較

無痛MRI乳がん検査ではDWIBS(背景抑制広範囲拡散強調画像)法という撮影法を用いて検査を行います。マンモグラフィや乳房専用PETの撮影では死角ができ、乳房の奥(胸壁)や脇の下まで撮影ができません。MRIはその部分まで均一に撮影することができ、高精度な検査が行えます。日本人に多いデンスブレスト(高濃度乳房)の方でも影響の少ない画像が得られます。

撮影時の条件・注意事項

※乳房再建術後や豊胸術後の方でも検査が可能です。

※ペースメーカー等、体内に金属が入っている方は検査ができない可能性がありますのでご相談ください。

※乳腺エコーと同様、乳腺が張っている場合は診断に関して「判断が難しくなる場合」がありますので、下記期間に検査を受けることが望ましいです。

検査推奨時期:月経開始日5日目~14日目
検査可能時期:月経開始日~21日目

詳しくはこちらのサイト「痛くないMRI乳がん検診 (愛称:ドゥイブス・サーチ)」をご覧ください。

無痛MRI乳がん検査

¥22,000(税込)
検査時間:約30分

健康診断の一覧へ